インフルエンザの時に行う事

インフルエンザにかかったとき、あなたはどのような生活をしていますか?お風呂は入ったほうがいいのか、市販薬しか手元にない場合それは効果的なのか。インフルエンザに関する様々な疑問を扱っています。

マスクをする男の子たち

インフルエンザ等高熱時の入浴は危険なのか

インフルエンザは高熱が出る病気として最も有名な物となっていますが、身近な症状であるからこそ正しい対応については分からない部分も多いものです。
各地には民間療法やそれぞれの人の経験則に基づく治療法などが多く広まっていますので、医学的な判断を正確に把握できないのがその原因でしょう。
そのインフルエンザの中でも特に気になるのが「発熱時の入浴」です。
熱で体に汗をかいている状態ですから出来れば入浴をしたいと考えることとなるわけですが、実際のところこれはあまり良いことではありません。
もちろん入浴自体は皮膚に着いたウイルスを洗い流してくれる効果が期待できますし、インフルエンザウイルスでも同様のことが考えられます。
ただ問題になるのが入浴によって体が汗をかくことなのです。
常にお湯につかっているためあまり意識はされませんが、入浴中の人の体ではかなり盛んに汗が出るようになっています。
しかし汗が出るということは体が消耗していくということになりますから、インフルエンザによって既に体力が減っているところに追い打ちをかけるということになりかねません。
そうなると体力回復には時間がかかり、それによって完治までがさらに長引くということになりかねないのです。
また入浴が終わってお風呂から出ると、体温が急激に変化することも問題です。
特に湯ざめをすると体温維持のために体力が消耗していくことになりますから、やはり完治まで時間がかかることになります。
熱が37℃以下などになったのであれば入浴は問題ないとされるのがほとんどですが、38℃以上などの高熱が続いているようであれば汗をふく程度にとどめ、入浴は熱が下がってからにした方が無難でしょう。