インフルエンザの時に行う事

インフルエンザにかかったとき、あなたはどのような生活をしていますか?お風呂は入ったほうがいいのか、市販薬しか手元にない場合それは効果的なのか。インフルエンザに関する様々な疑問を扱っています。

マスクをする男の子たち

インフルエンザの予防と治療方法

インフルエンザウイルスは、A型とB型、C型の3種類がありますが、基本的にA型とB型が人間に感染するとされ、HAと略されるヘマグリチニンとNAと略されるノイラミニターゼの型や組み合わせによって症状や感染力が大きく異なります。
又、インフルエンザウイルスは、人間に比べて約千倍突然変異する事があり、薬剤に対する耐性や強毒性のウイルスに変異する確率が高いとされています。
インフルエンザの治療方法は、抗ウイルス治療と対症療法がおこなわれています。
対症療法は、インフルエンザの症状である発熱や筋肉痛、鼻詰まり、胃腸症状などに対して解熱鎮痛薬や抗ヒスタミン薬などを投与します。
抗ウイルス治療は、一般的に塩酸アマンタジンとノイラミニダーゼ阻害薬が投与されています。
シンメトレルに含まれる塩酸アマンタジンは、特にA型ウイルスに有効とされ、発症初期に服用する事で発熱期間が1~2日短くなり早期治癒に有効とされていますが、耐性が起こり易い特徴があります。
タミフルやリレンザなどのノイラミニダーゼ阻害薬は、A型とB型双方に有効とされていますが、発病後のウイルス増殖がピークに達する48時間以内に服用する必要があります。
アビガンは、インフルエンザウイルスの増殖に必要な遺伝子情報の複製を阻害するRNAポリメラーゼ阻害薬です。RNAポリメラーゼ阻害薬は、感染細胞内でのウイルスの遺伝子情報の複製を阻害し、ウイルス自体を死滅させる効果が期待出来ます。
インフルエンザの予防は、流行シーズンを迎える11月のワクチン接種が有効とされ、2015年の秋冬シーズンにはA型2種類のB型2種類のウイルスに対応する4価ワクチンが用意されています。
又、手洗いとうがいをこまめに行い、インフルエンザウイルスの空気中での活動や感染を抑制する為に加湿器などで室内の湿度を50~60%に保ち、十分な栄養と十分な睡眠をとり体の免疫力を高めます。